FLINT ESPプログラマの価格情報です。
 

トップ > 同人ハード(キット) > FLINT > FLINT ESPプログラマ

FLINT ESPプログラマ

■サークル FLINT

■FLINT ESPプログラマ

■概要

ESP-WROOM-02やESP32の書き込みのプログラマです。
ESPマイコンは、書き込み時にスイッチの操作をしなくてはならないですが、内蔵回路によりスイッチ操作が不要で書き込みができます。
シリアル−USB変換に、FTDI社のFT231XS-Rを搭載。
3.3V三端子レギュレータや、RESET・モード切替スイッチも搭載しています。

ESPプログラマは、ESP系マイコンに書き込む時に、IO0ピンをLOWにする必要があり、ボタンなどを付け、手動操作する必要があります。
その操作を自動化する回路がこの基板についているので、回路を別に用意しなくても、書き込み時にその操作が必要ありません。

実験時・試作時の回路がシンプルになるだけでなく、量産基板でもコスト削減に貢献します。

ESP-WROOM-02ソケットは、実装前にチップを動作チェックをしたり、4MB版か2MB版か判別するのに使えます。(外見からは、4MB版か2MB版か判別できないんです)

ESPプログラマを接続する端子が出ているので、組み合わせる事で簡単にチェッカーを作る事が出来ます。

■仕様

USBコネクタ:USB-MicroB
電源:5V(USB-MicroB端子から供給)
表示:LED(Power/RX/TX)
リセッタブルヒューズ:電流 – ホールド時(Ih)(最大)500mA / トリップ時(It)1A
サイズ : 43mm×20mm(ピンソケットを含む)
※USBケーブルは付属しません。
※FTDI Basicのピンソケットとは、RX/TX/3.3V/GNDのみ共通ピンですが、他は違いますのでご注意ください。


詳しくは下記アイテム紹介ページをご覧下さい。

●FLINT ESPプログラマ 紹介ページ
こちら
製造元 : FLINT
価格 : 円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
  • ESP-WROOM-02ソケットに簡単に接続できます。ESP-WROOM-02の実装前検査などに

ページトップへ