RaSCSI for SC-98の価格情報です。
 

トップ > 同人ハード(キット) > Project M.P.S > RaSCSI for SC-98

RaSCSI for SC-98

■サークル Project M.P.S

■RaSCSI for SC-98

■はじめに

当変換基板は、GIMONS氏が開発された「RaSCSIテクノロジー」をアイオーデータ製PC-9800シリーズ用SCSI-2ボードである「SC-98掘廚裡奪丱稿眤一体型RaSCSI変換基板となります

■「RaSCSI for SC-98」の特徴

・Cバス内蔵型なので、外部にSCSIケーブルや電源を接続する必要がなく、マシン周りがスッキリする
・Cバスの供給電力が足りずRaSCSI for SC-98が動作不安定になる場合は、外部給電用のMicroUSB端子を装備
・外部に別のSCSI機器を接続する場合に、内蔵ターミネータをON/OFFできるアクティブターミネート対応
・マシン起動からRaSCSIプログラムが立ち上がるまでSCSIのデバイススキャンを一時停止させる「同期モード」をサポート
・ディスクアクセス状態を確認できる、アクセスLED用接続ケーブルを標準装備
・RaSCSIがホストになる「イニシエーターモード」サポートにより、HDDやMOなどのイメージ吸出しが可能
・D-SUB 25pin+クロス接続USB-RS-232C変換アダプタ「MPRS-225R」(別売)を利用することにより、MS-DOS上からRaspberry PI上で動くRaSCSIプログラムをターミナルソフトを用いてコントロールすることができます
・ほか、Raspberry PI自身の機能として、有線・無線LAN接続によるファイル共有、WindowsマシンからPC-98へのファイル受け渡し、CD-ROM ISOイメージの作成やマウントによる仮想SCSI CD-ROMの運用などができます
運用の際は「あいぼむ版」互換の動作をしますので、RaSCSIドライバは「aibom」を使用してください

■事前に用意するものなど

・この変換基板のほか、Raspberry PI3とアイ・オー・データ製PC-98用SCSIボード「SC-98掘廚別途必要になります、ご用意ください
・また、SC-98靴瞭眤SCSIコネクタを植えるパターンの半田スルーホール(50pin)の除去と再半田をする必要があります。これらの作業が困難な場合は実費で組み立て代行も承りますので、添付のドキュメントを参照の上、ご連絡をお願いします

■組み立て方法などのサポートページ
「RaSCSI for SC-98の組み立て方法」
http://blog.livedoor.jp/kokoten/archives/50997692.html

■「RaSCSI」公式サポートページ
http://www.geocities.jp/kugimoto0715/rascsi/
製造元 : Project M.P.S
価格 : 円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ